? 泣くことが多かった新人時代。先輩が怖くて毎日辞めたい

泣くことが多かった新人時代。先輩が怖くて毎日辞めたい

小児科病棟で3年働き、結婚を機に退職

現在は専業主婦で、2児を育てています。もう少し時間に余裕が出てきたら、パートや非常勤で再就職を目指しています。
私が新人の頃大学病院の小児病棟で働いていましたが、当時は小児科と小児外科は分かれていて、私は小児外科に配属になりました。

プリセプター制

病院全体で行っている研修会は興味のあるものにエントリーして参加するというものでした。年間3つは受講することが必須でした。
クリニカルラダーも取り入れていました。
プリセプターがついて指導してくれましたが、その方法は人それぞれでした。私のプリセプターはレポートを提出させることが多く、提出後は勉強会をしてくれました。

副師長はお局様

一番つらかったのは、いわゆるお局様のような副師長に中堅のナースがみんなご機嫌取りをしていて、そこに巻き込まれて先輩ナースが非常に怖いと感じたことです。

内服確認ミス

特に大きな失敗というわけではないのですが、最初にミスをして泣いた出来事はよく覚えています。
初めての夜勤の時に、成人した患者さんも病棟には入院していたのですが、その患者さんの夕分の内服確認を怠ったことで、先輩ナースに指摘を受けました。
朝起床した患者さんに内服確認をして、結果的には内服されていたのですが、一晩中、もしものことがあったらどうしよう…と悩んで泣いてしまったことはよく覚えています。
 

先輩が怖すぎる

辞めたいと何度も思いました。先輩ナースが怖すぎて、1年働いたら辞めようと決めていました。しかし、当時の師長さんが大学時代の恩師で、悩んでいる私の話をよく聞いてくださったので、結果的には 3年働くことができました。

新人の1年間は周りがフォローしてくれる

自分が思い描く看護師象に近づくには、技術も知識も遠すぎて、そこに職場の人間関係まで考えなくてはいけなかったら本当につらいと思います。
私はこれから育児がひと段落したら再就職するつもりでいますが、それはとても勇気がいることです。たった3年の経験しかないし、小児を相手にしていたので成人の領域は未知だからです。
新人のうちは若い分だけ得だと思います。間違ってもつまずいても、フォローして責任を取ってくれる上司がそこにはいます。だから、今の内にどんどん経験を積んでください。1年経ったらそこには新人を懐かしく眺める先輩の自分がいるはずです!